商品検索

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

カートを見る

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

営業日カレンダー

2019年1月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年2月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

※赤字は休業日です

ひ志おを焦がす

焦げたしょうゆの香りは他の調味料ではできない素晴らしいものです。 ひ志おも同じ風味を持っていますので 焦がした時の香りはしょうゆに負けません ひ志おはみそのような形状ですから素材にしっかり塗ることができます。 よって大豆の香りも漂わせることができ、独特な風味となります。 ちょっと古い話になりますが、「どっちの料理ショー」という番組で焼きおにぎりを作る時、その特選素材にひ志おが選ばれました。



ひ志おを塗って焼きおにぎり


白米で握ったおにぎりにひ志おを薄く塗って焼いてください。
手軽に焼きおにぎりが出来上がります。
みりんや砂糖などを加えて甘みを調整してもよいでしょう。
おにぎりの芯に入れてもおいしくいただけます。

>>ひ志おのおいしい食べ方 一覧<<

かつおのハラスにつけて焼く


かつおのハラスは脂が一番乗っていておいしい部分です。
焼いて食べることが一般的です。このときひ志おを塗って焼いてみると絶品のハラス焼きができます。

>>ひ志おのおいしい食べ方 一覧<<

「あぶらぼうず」のひ志お焼き

銚子漁港前にある鮪蔵では幻の魚「あぶらぼうず」のひしお焼きを提供しております。
深海魚である大きな「あぶらぼうず」は独特な脂身の強い魚です。ひ志おをつけて焼くことにより脂身の感じ方が低減されます。
ぜひ一度お試しください。

鮪蔵のHPへ



>>ひ志おのおいしい食べ方 一覧<<